研究者養成コース

概要

本研究科の研究者養成コースは、企業や市場の研究に携わる人々を育成するコースです。より具体的には、大学教員や公的研究機関・民間シンクタンクの研究員などの高度な分析力と洞察力をもった専門職を育成するコースです。

研究者養成コースは、国立キャンパスで平日昼間に開講される、修士課程と博士後期課程の2つのプログラムから構成されています。2年間の修士課程では、多数の講義科目を履修して専門分野の基本を身につけながら修士論文を執筆し、修士号(商学)を取得します。これに続く3年間の博士後期課程では、講義科目を履修することよりも、むしろ自ら立てた研究課題について、自分でスケジュールを立てて調査・研究を進め、学内外で発表し、指導を受ける、という作業を繰り返しながら博士論文を執筆し、博士号(商学)を取得します。本研究科で博士号を取得した卒業生のほとんどが大学教員になります。経営管理研究科の研究者養成コースは、これまで商学・会計学・経営学領域における多数の優秀な研究者を輩出してきた実績があります。

上記の通常のプログラムに加えて、2019年度からは千代田キャンパスの平日夜間・土曜日に博士後期課程「イノベーション・マネジメント・プログラム」が開設されます。同プログラムは、企業等における高度経営人材や高度経営専門職の育成を目的として、技術職などの理工系のバックグラウンドを有するミドル層の方々を主たる対象としています。博士後期課程の3年間に、企業等で働きながら、経営管理全般の知識を習得し博士論文を執筆することにより、博士号(経営)を取得します。

※千代田キャンパスで開講される金融戦略・経営財務プログラム(学位:博士(経営))については金融戦略・経営財務プログラム(FS)のページをご覧ください。

年間スケジュール・時間割

研究者養成コースの年間スケジュールについては、以下の教務課サイトをご確認ください。

カリキュラム

研究者養成コースのカリキュラムは、研究者になるために必要な論理的な思考力を養い、研究領域に対する深い理解を促すよう設計されています。

博士学位論文

学位取得論文の要約と審査結果を公開しております。

データ集

2018年5月更新

大学院生の研究業績

項目 平成21年度総数
(2010/4現在)
平成22年度総数
(2011/4現在)
平成23年度総数
(2012/4現在)
平成24年度総数
(2013/4現在)
平成25年度総数
(2014/4現在)
平成26年度総数
(2015/4現在)
平成27年度総数
(2016/4現在)
平成28年度総数
(2017/4現在)
平成29年度総数
(2018/4現在)
(1)雑誌(日本語)に掲載された論文:査読付き 13 11 10 12 10 22 16 10 6
(2)雑誌(日本語以外)に掲載された論文:査読付き 2 3 0 7 3 3 0 2 7
(3)本の一部として掲載された論文 11 8 1 7 7 3 11 1 10
(4)雑誌に掲載された論文:査読なし 19 15 5 15 10 16 14 5 3
(5)学会報告 30 40 30 56 42 56 52 40 44
(6)学会以外での報告 17 18 9 9 2 8 14 5 13
(7)その他業績 12 17 1 3 4 9 2 2 7

在籍人数の推移(入学時)

在籍人数の推移(入学時)の棒グラフ

平成30年度 在籍人数(男女比)5月1日現在

在籍人数(男女比)帯グラフ

修士課程修了者 推移

修士課程修了者 推移の棒グラフ

博士学位取得者 推移

博士学位取得者の推移 棒グラフ