商学研究科・経営管理研究科経営管理専攻研究者養成コース学位評価基準

1. 修士論文

修士論文は、以下の基準により評価する。

  • 当該分野の先行研究、社会現象に対する経験的観察に基づき、自らの研究の位置づけを明確にしている。
  • 問題を分析するために必要とされる基礎的研究手法を身につけている。
  • 自らが設定した問題に対して、一貫した論理に基づいて説得力ある結論を導いている。

2. 博士論文

博士論文は、修士論文に関する基準に加え、以下の基準により評価する。

  • 当該分野の先行研究を渉猟するとともに、研究方法論を体系的に知悉している。
  • 問題を分析するために必要とされる高度な先端的研究手法を身につけている。
  • 理論構築や実証を通じて、新しい知の創造や学問の深化に貢献している。

※なお、以上の各基準の相対的重要性は研究分野によって異なるため、柔軟に対応する。