大学院経営管理研究科 経営管理専攻 概要

起源と沿革

一橋大学の歴史は、1875年(明治8年)、森有禮が東京銀座尾張町に私塾として開設した「商法講習所」に始まります。設立にあたって森に協力したのは、渋沢栄一、益田孝、富田鉄之助、福地源一郎ら在京の財界人で、見識と知識を備えた実業人を養成することが急務であるという点において、意見を同じくしていました。

「商法講習所」の「商法」とは、法律の商法のことではなく、商業の「方法・手法」のことでした(法律の商法ができるのは、ずっと後のことです)。設立時から「習字、筆算、読書」は「三事」として重視され、簿記、商品、英語、商業数学などとともに、早くから、政治経済学や商業史などの科目もみられました。

商法講習所は、その後、「高等商業学校」(1887年)、東京商科大学(1920年)などと名称を変え、第二次世界大戦後の1949年に「一橋大学」となり、現在に至っています。この間、メインキャンパスの所在地も、神田一ツ橋(1885年~)を経て、関東大震災を機に1930年から国立へと移りました。

現在の⼀橋⼤学⼤学院経営管理研究科は、これまでの商学研究科(国⽴キャンパス)と、国際企業戦略研究科(千代⽥キャンパス)に分かれていた2つの研究科を再編・統合したものです。2018年度には、研究科の通称を「⼀橋ビジネススクール(HUB)」と定め、その名の下に様々なプログラムを置くことによって、多様な教育ニーズに応えます。

⼀橋ビジネススクール(HUB)は、教育内容のより⼀層高度化、国際化をはかりカリキュラムの国際的な通用性を⾼め、国際認証の獲得を目指すとともに、ビジネススクールのグローバル・ネットワークを形成します。

商法講習所

経営管理研究科 経営管理専攻長の挨拶

経営管理研究科経営管理専攻の研究者養成コースでは、客観的な分析力と深い思考力をもって、社会や産業・企業が直面する実践的な課題の解決に有効な示唆を与えることのできる研究者・高度専門職業人を養成しています。その際重視しているのは、社会科学的な思考・理論と現実の現象との間の往復運動です。「理論によって現実を深く洞察する(理論→現実)」だけでなく、「現実への深い洞察が、よりよき理論を生む(現実→理論)」のです。

修士課程(研究者養成コース)から博士後期課程に進学して大学教員を目指す方はもちろんのこと、公的研究機関や民間シンクタンクの研究員、事業会社や金融機関で高度な専門知識を必要とする職種を志望する方も歓迎します。

一橋大学大学院 経営管理硏究科 経営管理専攻長
田中 一弘

経営管理研究科 経営管理専攻のミッション

このミッションステートメントは、質の高い教育プログラムを提供することを目指して定められたものです。目指すべき価値観として、商学部の教職員だけでなく学生もこの文章の意味を理解し共有しています。

“キャプテンズ・オブ・インダストリー”とは、実業界のリーダーを意味しています。一橋大学は教育機関として、創設以来、数多くの優れた人材を育成してきました。その使命はいまも変わりません。ミッションステートメントの詳細については、以下の解説ページをご覧ください。

研究活動と研究者養成コース

経営管理研究科の教員は、教育と研究の両方を担当しています。教員個人による研究に加えて、さまざまな研究センターに所属しながら、産官学にまたがる、より大きな研究テーマを追求しています。
こうした学界の最先端の研究を行う研究者が、次世代の研究者を育成するのが研究者養成コースです。修士課程と博士後期課程の5年間を通じて、研究者として独り立ちするためのトレーニングを受けます。学生は教員から教育を受けるだけでなく、共同研究者として教員とともに研究を行うこともあります。
また、研究者になるためだけでなく、社会人としての実務経験をより一般的な理論へとつなげるために研究者養成コースに通う学生もいます。

研究者養成コース修士課程・博士後期課程ポリシー

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

一橋大学の前身である東京高等商業学校・東京商科大学は、産業界で活躍する人材のみならず、商学・経営学分野の優れた研究者・教育者を養成する機関でもありました。その伝統は1953年に発足した大学院商学研究科によって、現在に至るまで受け継がれています。

大学院経営管理研究科研究者養成コースの目的は、経営、マーケティング、会計、金融ならびに関連諸分野を専門とする大学教員や、公的研究機関・民間シンクタンク等で研究員となる、高い研究能力と倫理観をもつ人材を養成することにあります。本コースの課程を修了した人は、学界においてそれぞれの専門領域の「知の発展」をグローバルに主導するとともに、研究から得られる知見に基づいて産業界や金融界が直面する実践的な課題の解決にも有効な示唆を与えることのできる研究者として、社会に貢献することが期待されます。

海外提携校

研究者養成コースの大学院生は、海外提携校への留学制度(一橋大学海外派遣留学制度)を利用することができます。経営管理研究科は、学生の海外留学を積極的に支援するため、受け入れ先となる海外提携校を増やしています。経営管理研究科で学んだ知識や経験を、海外の研究者との交流でより深めることができるでしょう。学生の留学を支援する奨学金も用意されています。
各大学の最新の情報や応募資格については、一橋大学国際教育センター・国際課へお問い合わせください。