コンセプト

一橋大学大学院経営管理研究科経営管理専攻博士後期課程イノベーション・マネジメント・プログラムは、新たな技術を企業成長や事業戦略に結び付けることができる高度経営人材や高度経営専門職の育成を目的としています。本プログラムは、①民間企業において技術職に従事するミドル層や経営幹部候補者、②技術職のキャリアを歩み、高度経営人材や高度経営専門職として活躍を目指す実務経験者をはじめとする、理工系のバックグラウンドを有するミドル層の方々を主たる対象としており、千代田キャンパス(東京都千代田区一ツ橋)に平日夜間(一部の集中講義は土曜日昼間)に通学することにより、企業等に勤務しながら博士号(博士(経営))を取得できます。

専攻長メッセージ

経営のグローバル化が進展し競争環境が厳しくなるなか、日本企業には新たな技術を企業成長や事業戦略に結びつけることのできる高度経営人材が必要とされています。経営管理研究科イノベーション・マネジメント・プログラムでは、民間企業において技術職に従事するミドル層の方々を主たる対象として、一橋大学が長年蓄積してきた経営・イノベーション研究と経営人材育成教育をベースとする博士後期課程のプログラムとして提供することにより、日本企業の高度経営人材育成に貢献したいと考えています。
大学院での研究や民間企業等での勤務を通じて学会発表や学術論文の実績がある技術系人材をはじめとする、理工系のバックグラウンドを有する方々に、本プログラムを通じて経営全般の知識と企業経営・イノベーションにかかわる高度な分析力と洞察力を習得していただき、修了後に先端技術を基盤とする企業経営の中核として活躍いただくことを期待しています。

一橋大学 大学院経営管理研究科 経営管理専攻長
加藤 俊彦

カリキュラム

本プログラムの履修者は、博士後期課程1年次から2年次夏学期までに、本研究科経営学修士コース経営管理プログラムに開設する講義科目を「経営戦略」「マーケティング」「財務会計」「企業財務」を中心として集中的に履修することにより、経営管理全般の知識を早期に習得します。あわせて、博士後期課程イノベーション・マネジメント・プログラム専用の演習と講義を履修することにより、1年次には担当教員の指導を受けながら博士論文の研究テーマや調査方法の検討を進め、2年次から本格的に博士論文の執筆に取り組みます。本プログラムの修了者には、学位及び修了証を授与します。これらのカリキュラムは、HUB-SBAのミッションと整合するよう作られています。

  • 講義:リサーチ・セミナーA・B(※1)、経営戦略、マーケティング、財務会計、企業財務、経営組織、マネジメント・コントロール、企業データ分析、経営哲学、理論構築の方法、テクノロジー・マネジメント、経営者講義など(※2)
  • 演習(※3)
  • ※1:リサーチ・セミナーA・Bは、本プログラム専用の講義科目です。それ以外の講義科目は、経営学修士コース経営管理プログラムとの共修科目となります。
  • ※2:本プログラムは千代田キャンパスに設置されますが、必要に応じて国立キャンパスの研究者養成コースの授業科目(平日昼間開講)や他の研究科の授業科目を履修することも可能です。ただし、これらの科目は、本プログラムの修了要件に規定する修得単位には算入できません。
  • ※3:本プログラムの履修者は、プログラム専用の演習を履修するため、演習指導教員を選ぶことはできません。

■履修モデル

博士後期課程
イノベーション・マネジメント・
プログラム開設科目
経営学修士コース
経営管理プログラム開設科目
3年次
  • ・演習(通年6単位)
2年次
  • ・演習(通年6単位)
  • ・理論構築の方法(半期2単位)
1年次
  • ・リサーチ・セミナーB (冬集中1単位)
  • ・リサーチ・セミナーA (夏集中1単位)
  • ・演習(通年6単位)
  • ・テクノロジー・マネジメント(半期2単位)
  • ・経営組織(半期2単位)
  • ・マーケティング(半期2単位)
  • ・経営戦略(半期2単位)
  • ・企業財務(半期2単位)
  • ・財務会計(半期2単位)

注:赤文字は必修科目を示す

■授業時間

1時限 18:20 ~ 20:05 2時限 20:15 ~ 22:00

卒業認定・学位授与に関する方針

3年以上在学し、講義16単位以上(博士後期課程イノベーション・マネジメント・プログラム開設科目から2単位以上、本研究科経営学修士コース経営管理プログラム開設科目から14単位以上(必修4科目8単位を含む))、演習18単位以上、合計34単位以上を修得し、必要な研究指導を受けた上、学位論文の審査及び最終試験に合格すること。ただし、本研究科経営学修士コース経営分析プログラム又は経営管理プログラムの修了者(本学商学研究科経営学修士コース又は専修コースの修了者を含む)は、3年以上在学し、講義2単位以上(博士後期課程イノベーション・マネジメント・プログラム開設科目から2単位以上)、演習18単位以上、合計20単位以上を修得し、必要な研究指導を受けた上、学位論文の審査及び最終試験に合格すること。

演習主担当教員の紹介

西野 和美 准教授
経営戦略論、技術経営論

一橋大学商学部卒業。化学メーカー勤務を経て、2001年一橋大学大学院商学研究科博士後期課程単位修得退学。2002年一橋大学博士(商学)。東京理科大学経営学部経営学科専任講師、イノベーション研究科技術経営専攻准教授を経て、2017年より現職。技術を軸とした経営のあり方に関心をもち、現場に足を運び、関係者から聞き取りを重ねて作成する事例研究を中心に、定性的な調査研究を行っている。現在は、1)製造業における研究開発マネジメント、2)新規事業創出の論理、3)ビジネスモデルの動態モデルと持続的競争優位性、などについて研究を行っている。

概要

2020年度入学試験の概要  ※ 詳細については、募集要項で必ず確認してください。

出願資格 原則として修士の学位を有する者及び2020年3月までに取得見込みの者で、出願期間の開始日において3年以上の実務経験を有するもの
募集人員 若干名
出願期間 2020年1月10日(金)~1月16日(木)
第1次試験 書類選考(出願書類に基づく選考)
第2次試験 面接試験 2020年2月2日(日)
(試験場は国立キャンパス(東京都国立市中2-1)となります)